UNICRE NAVI by UNIVERSE CREATE

福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・鹿児島・宮崎・沖縄・山口の就活ならユニクリナビ!

<体験談

>第二新卒について




新卒就職に関する統計データ

新卒就職に関する統計データ

初めて入社した会社を辞めていく理由は?

>>若手従業員が3年以内に離職する主な理由です。(2013年・厚生労働省の調査による)

若手従業員が3年以内に離職する主な理由です。(2013年・厚生労働省の調査による)

若手従業員が3年以内に離職する主な理由

労働条件や仕事内容のミスマッチ、また人間関係や環境の変化などが離職理由にあげられています。入社してみないと分からない、ということも正直あると思います。しかしせっかく頑張って入社した会社です、出来れば長く続けたいと思っている方がほとんどでしょう。企業は社員が働きやすいように、マネジメントや勤怠管理など離職防止に努めた策を講じなければなりませんが、入社前に自分が長く続けていけるイメージがどれだけ持てるかも大事です。その為に今のうちからやれることを1つでも多くやりましょう。

入社前と入社後のギャップをうめること

会社見学や先輩社員と交流出来る機会があれば参加し、実際の仕事内容や職場の雰囲気を探りましょう。会社説明会では知りえない情報を自らとりに行くことも大事です。そういった機会がない場合でも、選考中にお世話になった先輩社員や採用・人事担当者に相談をすることをおススメします。一番いいのは自分の目と耳でこれから入社する会社がどんなところなのかしっかり見極めること。ネット上にもいろんな書き込み情報はありますがあくまで参考程度にし、すべてを信用しないことです。

労働条件などがあいまいにされている点はきちんと確認すること

会社説明会で聞く話が全てだと思ってはいけません。企業が残業など労働環境について何も説明しなかったり、その話に触れようともしない場合は注意しましょう。入社してから、実は休日出勤が当たり前の風土だった、給与も最初の三か月は提示されていた金額より低かったなど、実態は全く違う条件かもしれません。条件によっては入社しようと思っていたところでも、本当に入社するかどうかを悩んでしまうこともあるでしょう。不安なままで内定承諾を出さずに、やりとりしている企業の人事担当者に相談し実態を確認するのが一番早い解決への道です。電話でもメールでもいいので、相談したい・確認したいと思ったことはなるべく早めに連絡をとって解決しましょう。

社内に苦手な人をつくらない

会社にはいろんな年代、性格、考え方の人がいます。仲良しの集いではないので、当然気の合う人ばかりではありません。新入社員のうちは仕事を覚えたり、新しい環境に慣れたりするのにたださえ大変なのに、人間関係で悩み事を増やしたくはないですよね。どうしても気が合わない、この人とは仕事がやりづらいという人もいるでしょう、そんな時は「こういうタイプの人なんだ」と割り切って考え接するようにしましょう。もっとこう変わってほしいと思うことはあるかもしれませんが、他人を変えるより、自分の考えを変えた方が楽だったりします。

内定をもらったからと言って何もせずに入社日を迎えるのでなく、本当にその会社にいくのかどうかを考える時間をつくりましょう。入社後はどんな仕事をどんな人たちと一緒にしていきますか?労働条件はもれなく確認できていますか?無理なく働けそうな環境ですか?福利厚生や待遇面で不安なところはありませんか?企業にも説明責任はありますし、もちろん離職防止につとめた策を打たねばなりませんが、自ら不安や気になるところは払しょくしていくなど自分で入社先を見極めることが大事です。

<体験談

>第二新卒について




ユニクリナビ2019へのログインはこちら
ユニクリナビ2019へのログインはこちら