UNICRE NAVI by UNIVERSE CREATE

福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・鹿児島・宮崎・沖縄・山口の就活ならユニクリナビ!

<新卒就職に関する統計データ

>Q&A




第二新卒について

第二新卒について

第二新卒について

第二新卒ってなに?どんな層が第二新卒になるの?

一般的に第二新新卒とは、学校を卒業して一度就職をしたけれど、早期退職(大体3年以内)をした25歳前後の若手求職者のことをさします。中卒では7割、高卒では5割、大卒では3割が3年以内に離職されると言われています。

第二新卒としての就活はどうしたらいいの?

新卒に比べ、第二新卒向けの求人情報は探しにくいというのが現実です。が、そこで不安に思わず、新卒サイトだけの求人探しではなく、転職サイトなども活用しながら就職活動ができるということをメリットだと捉えて下さい。新卒向けの就職情報サイトには、募集年度にあたる年の卒業予定者のみが対象の場合もあれば、第二新卒や既卒者も応募が可能な求人を多くあります。また気になる求人が卒業予定者のみの記載でも、問合せてみれば第二新卒も応募OKだったりします。また第二新卒を採用する企業の多くは、人柄や仕事に対しての意欲など人物面を重視している為、前職の経験ももちろん期待するところはありますが、特別な経験やスキルを強く欲しているわけではありません。社会人経験が浅いと言えども、一度は社会に出て働いた経験をしているわけですから、その経験を自信に持って就職活動に活かして下さい。

第二新卒として就職活動するにあたって気をつけること

いざ面接にのぞんだ時に、質問の中で必ずと言って聞かれるのは「なぜ数年で前職を辞めたのか?」ということ。この質問を避けて通ることは出来ないでしょう。自分のキャリアアップの為・家庭の事情でやむおえなく・職場環境が自分に合わなくて…など理由は人それぞれあるでしょう。退職理由を伝える時は変に取り繕うとはしないで下さい。また言ってはいけないことは「他人のせいにしてばかりの不満」や「前の会社の悪口」などのマイナスなことは言ってはいけません。そのようなことを言ってしまうと面接官に、退職を周りのせいにする人なんだな、というレッテルが貼られてしまってその時点でアウトです。なるべく、前職では叶わないようなやりたいことがあること、今後のステップアップのためなどプラスの理由を伝えられるようにしましょう。

<新卒就職に関する統計データ

>Q&A




ユニクリナビ2018へのログインはこちら
ユニクリナビ2018へのログインはこちら