UNICRE NAVI by UNIVERSE CREATE

福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・鹿児島・宮崎・沖縄・山口の就活ならユニクリナビ!

<一般常識

>エントリーシートの書き方




自分に合った企業に出会う!就活で失敗しない企業の選び方

みなさんは企業選びの際にどのような点を重視して説明会や選考会に参加していますか?企業選びは就活に置いて最も重要と言っても過言ではありません。なぜなら、どんな企業を受けるかによって面接対策や考える志望動機も変わり、また入社後のあなたの人生にも大きく影響するからです。

手当たり次第にいろんな企業を受けるのもダメとは言いませんが、出来れば効率的な企業選びをしていきたいですよね。ここで、毎年就活生がどのようなポイントを重視して自分に合った企業選びをしているかを知り、企業選びに動き出す前に、それらのポイントをおさえ自分の就活に活かしていきましょう。

職場・働く人の雰囲気など「社風」

社風は就活生が企業を選ぶ上で最も重視する点です。なぜのこの社風が重要なのか、大きく2点理由があります。

1点目は働きやすさへの影響が大きいこと。自分の相性と社風が合わなければ、いくらやりたかった仕事と言えど人間関係でストレスを抱えてしまったり、会社の雰囲気に合わせてばかりの自分を取り繕い、自分らしい本来の姿で働くことができません。
2点目は社風によって自分の仕事のスタイルが決められることです。ある企業は残業体質で定時にあがる人はほぼおらず長く働くことが評価をされ、一方のある企業は、効率的な業務遂行を重視しており、労働時間以内に仕事を終わらせることが出来ないのは仕事が出来ない奴だと思われ評価が下がります。極端な例を挙げましたが、それぞれの企業の中で働く自分を想像した時に、どちらの方が自分に合ってそうでしょうか?また、社風は言葉で説明されるより、自分で感じ取るものだと思うので、OB・OG訪問や面接、会社見学などの機会を活用して、実際の社風を自分で確かめましょう。

「社会貢献度」の高い企業である

インフラや環境、通信、自動車、金融など、幅広く人々の生活に関わる事業を展開している企業が、毎年の社会貢献度の高い企業にランクインしています。社会貢献できる誇りある仕事をしたいと思っている学生さんは毎年多いです。ただ面接で「社会貢献度が高く公共性のある御社を志望しました!」と言うだけは、誰でもできます。なぜ社会貢献をしたいのか?具体的にどんな社会貢献をしたいのか?利益を追求する企業にとってボランティア要素の高い理由を述べてもあまり評価されません。その点でいくと、社会貢献を志望動機のメインに上げるのは少々ハードルが高いかもしれませんね。

「仕事内容」が魅力的である

まずは自分がどんなことをやりたいか、どんなことを仕事にしたいかを考えるでしょう。説明会で聞く仕事は一見華やかですが、現実の厳しさや大変さも受け止めておく必要があります。例えば営業職ひとつにしても企業によって営業スタイルは様々です。はじめから、この職種がいい・いやだという固定概念も持たないこと。自ら選択肢を狭めてしまうのはもったいないです。はじめはまずどんな仕事があるのか、合同説明会などでいろんな企業の話を積極的に聞くようにしましょう。1人でも多くの社会人と接点を持ち、知見を蓄えることで、より自分に合った仕事を選択しやすくなります。もちろんインターネットでの情報収集も大事ですが、実際に企業に話を聞きに行く方が一度に得られる情報量も多く、企業の雰囲気も知ることができます。就職活動のすべてに言えることですが、自ら情報をとりいく姿勢を持つことが大事です。

「福利厚生」が充実している

具体的には住宅手当や家族手当、退職金、社員旅行、資格支援制度などがあります。また結婚や出産・家を建てるなど、様々なライフイベントごとにも手当がでると嬉しいですよね。充実した福利厚生は、楽しく長く働くためのポイントにもなります。

「給与・待遇」が良い

働く上でやはりお金は大事ですよね。就労条件の中で真っ先に給与の欄を見る人も多いのではないでしょうか。一見基本給が比較的少な目だと感じるところも、別途付与される手当が充実していると、求めていた給与水準より高くなる場合もあるので、その点も合わせて見ておきましょう。

希望の「勤務地」で働くことができる

特にこだわりがない、働く場所は絞っていないという人が以前に比べ減り、今では地元に近いところで働きたいという人が増えてきたように思います。しかし企業も、転勤の伴う職種とは別に「地域限定職」や「エリア社員」というように、勤務地を選ぶことができる働き方を推奨しているところも以前に比べ増えてきました。企業によっては将来的に希望勤務地で働くことができるという条件のところもあります。求人票などは勤務条件について具体的な記載がない場合もあるので、気になる企業には直接確認してみましょう。

「休み」がしっかりしていて「残業」も少ない

プライベートと仕事の両立がしっかりと出来る企業も学生には大変魅力的です。ワークライフバランスがとれ、長く無理なく働ける環境を求めている人も多いです。

「大手病」に陥らない!就活はじめにやりがちな企業の選び方

就活がうまくいかないという人によくある共通点がこの大手病です。たしかに最初は有名な大手企業やとりあえず社名を知っている企業の説明を受けることが多いと思います。しかし大手ばかり狙っていても、大勢のライバル達が立ちはだかり、企業が学生を選考するハードルも高い中でどれだけ勝ち抜いていけるでしょうか。自分のやりたいことや求める条件が本当に大手企業にしか当てはまらないのか、まず考えてみましょう。

中小企業も視野に入れて就活を

先ほど説明したように、集中して大手ばかり受けるにはリスクがあります。そのリスクを少しでも下げる為に、地場の中小企業も視野に入れて企業を探していきましょう。比較的リスクは下がりますが、それでも内定が絶対にもらえる保障はありませんので、企業の規模に関わらず選考対策や企業研究はしっかりとしてのぞみましょう。

さいごに

まずは自分が何の為に仕事をするのか、目的を明確にしてから企業選びをして下さい。お金のためだったら仕事内容はこだわらなくてもいいのか?なぜ社会貢献度が高い企業でなければならないのか、そこを自分の中で落とし込まないまま企業を条件的に選んでいても、入社後にミスマッチが生じ早期退職なんてことにもなりかねません。企業を選ぶ前に、まずは自己分析などでしっかりと自分のことをよく知ることです。

そこでミスマッチのない求人をご紹介するのが、ユニクリナビの「非公開求人紹介サービス」です。まだあなたが出会えていない、九州地場のかくれた優良企業を紹介します。企業とあなたの相性が合いそうな企業をピックアップして個別にご案内します。

<一般常識

>エントリーシートの書き方




ユニクリナビ2018へのログインはこちら
ユニクリナビ2018へのログインはこちら